Kawasaki Civil Guardians
*

オレンジリング百合丘

新コロナの感染が始まり10か月以上経ちましたが、事態は収まるどころかますます悪化しつつあります。そのような中でもできることをやろうと、オレンジリング百合丘では、6月から毎月第3金曜日に、講座形式の集まりを開いてきました。窓を開け、マスクをし、手指の消毒をして、終わったらいすやテーブルも消毒。

介護施設の話、AEDについて元消防隊員の方から話を聞く、在宅医療とエンディングノート、これからみんなでやってみたいことなど、お茶はやめて話を聞き質問して話すのは少しだけという内容でした。人数は少なくても、地域包括とサポーターばかりでも、開くことに意味があるのです。

そして今月11月は、秋のウォーキング、近所の大きな木を見に行く散歩です。

セントケア百合丘の外の花壇に集合。ご近所のいつものメンバー、民生委員、地域包括の皆さん、大学の研修生、皆で18人参加。

まず、香林寺を目指しゆっくり歩く。百合丘の奥は近くに住んでいてもよくわからない道が多く、初めて通る道ばかり。細山交番の前の道を横切り、ゆっくり階段を上っていくと、香林寺幼稚園の元気な子供たちの声が聞こえてくる。さらに進むと左手に五重塔が見えてくる。見上げるとしっかりと木が組み合わされ見ごたえがある。そこで一休み、それぞれに写真を撮ったり、近所のメンバーから五重塔ができたころの話を聞いたりし、意外と新しいことがわかる。紅葉には早かったが、10月桜が小さめの可憐な花をつけていた。高台なので見晴らしもよい。

それから、千代ヶ丘と細山の境の道をゆっくり上り10分ぐらい歩くと、目指す大きな木が見えてくる。千代ヶ丘・和田家にある「たぶ」の木だ。樹齢800年、川崎市の「まちの樹50選」に選ばれている。植木屋さんが入り枝を払ったところだったが、剪定前ならもっと枝が大きく張り出していたでしょう。道路に張り出した枝が台風で折れたり、日ごろの手入れが欠かせない。ちなみに、川崎市からの補助は1万円だそうです。

それぞれに「たぶ」の木を触ったり、写真を撮ったり、樹齢数百年のエネルギーを分けてもらったりしていました。そしてご近所の紅葉やはなみずきの赤い実をながめ、セントケアまで戻り解散。約4000歩余のお散歩でした。

 

DSCF0005DSCF0006