*

第10回史跡見学バスの旅 近代日本のルーツを訪ねる上州路の旅

 4月18日、46名の一行は、雲一つない快晴に恵まれ、朝8時に新百合ヶ丘を出発、まずは新島襄の生まれ故郷安中を目指しました。特に渋滞もなく、予定通りに安中に到着、お二人のボランティアガイドさんの出迎えを受け、まずは旧碓氷郡役所へ、ここの隣が安中教会と新島襄記念聖堂です。教会と聖堂の敷地は、牧師さんの意向で立ち入り禁止のため、聖堂の見物はここから済ませました。  そこから車がたまにしか通らない、若葉が目に染みる空気がきれいな道筋を安中藩郡 […]

第9回史跡見学バスの旅 武蔵の国の古代を訪ねて

 11月20日(火)、29名の一行で、雨の新百合丘を出発。途中圏央道へ入る頃には雨も上がり、予定通り10時過ぎにはさきたま古墳公園内の「さきたま史跡の博物館」に到着。出迎えてくださった学芸員の方に案内していただき、約1時間、講演と展示物の開設をいただきながら、館内を見学しました。さほど広くない博物館なのですが、館内は古墳群で出土した国宝や重要文化財の宝庫、観る物のほとんどが日本古代史の理解に欠かせない貴重なものでした。  その後、2班に […]

第76回カルチャーセミナ―「早野上ノ原遺跡の発掘調査について」開催さる

9月22日に、川崎市教育委員会文化財課の栗田一生氏を講師にお招きして「上ノ原遺跡」の発掘調査の現状をお話しいただきました。 発掘は2007年から3回に渡って行われてきましたが、今年度、第4次の発掘が始まりました。今回は~川崎市内有数の複合遺跡を掘る~と銘打ち、その中間報告を含めて全体像を改めて俯瞰するのが狙いでしたが、残念ながらこの9月の長雨の影響で発掘がほとんど進んでいないとのことで、過去3回のまとめの形になりました。 要点は①旧石器 […]

2018.8.18 サマースクール「ステンドグラス どうやって作る?」

 8月18日(土)、王禅寺在住の栗山美咲先生と3人のアシスタントの皆様のご指導で、柿生中学校の金工・木工室をお借りして、ステンドグラスの製作体験を致しました。  今回の企画は人気が高く、当初の予定をオーバーして38名の児童が参加を得、付き添いの親御さんを含めると、60名以上が参加した形となりました。  はんだゴテが12本しかないため、22名がステンドグラス作りに挑戦、はんだ付けをしないモザイク作りには16名の2グループに分かれました。 […]

2017.11.1 第7回史跡見学バスの旅 房総半島の鎌倉時代を訪ねて ~頼朝伝説と日蓮上人史跡~

11月1日(水)、42名の一行で、房総半島に向かい、頼朝伝説と日蓮上人の史跡を巡ってきました。皆様の集まりが良く、予定より5分早く7時55分に出発。浮いた5分は、海ほたるでの休息時間を5分延ばし、みんなで展望台に上って、晴れあがった東京湾の景色を楽しみました。房総半島に入って先ずは鹿野山神野寺(じんやじ)を見学、紅葉には早かったのですが、深山の静寂の中で、関東では最古の古刹をゆっくり見学できました。宝物館の左甚五郎作の「白蛇」は、見事の […]

2017年4月20日第6回史跡見学バスの旅 浅草寺伝法院庭園と和時計のルーツを探る

4月20日(木)、穏やかな快晴に恵まれ、第6回の史跡見学会を実施しました。  27人の一行は、先ず上野の国立科学博物館に立ち寄り、地球館の2階を見学、東芝の創業者の1人田中久重の代表作「万年時鳴鐘」の本物とレプリカを見学、また無人探査衛星「はやぶさ」が小惑星「いとかわ」から採取してきた「宇宙の塵」の実物を高性能の顕微鏡で拝見して感激、浅草寺に向かいました。 ここでは見学者の7割以上が外国からのお客様、様々な言語が飛び交っていました。喧騒 […]

2016年7月24日サマースクール「瓦版作りを体験しよう」

今年も恒例の夏休みサマースクールが地元の版画家浅野新二先生をお迎えして、開かれました。 ほとんどの参加者が初体験、初めはおっかなびっくりだった彫刻刀も終わるころにはだいぶ慣れて、いい作品が勢ぞろいしました。 図案の作成に以外に手間取り、もう少し時間がほしかった感もありましたが、いい体験をしていただけたのではないでしょうか。今度のお正月には版画の年賀状に挑戦してみては。 まずは先生の講義         下絵の作成             […]

2016年5月26日 第4回古文書輪読会開講

過去3回の古文書講座に続いて、全10回の新たな講座がスタートしました。 今回は25名の参加をいただいていますが、そのうち9名もの方が初参加となりました。 教材は今までと同じく志村家文書ですが、参加者各自がお互いに啓発しあう輪講形式重視で進めていきます。 月2回のペースで11月まで、実力アップと交流深化の場になれば幸いです。        

2016年4月20日第4回史跡見学バスの旅「小江戸川越を訪ねて」

4月20日(水)は、快晴という好条件に恵まれました。35名の参加者の皆様は、初回から毎回参加されていらっしゃる方から、初参加の方まで様々でしたが、歴史好きという共通項から、車内の空気は和やかでした。 最初の見学地、川越市立博物館では、2班に分けて館員の方がとてもわかりやすく、川越の歴史と蔵屋敷について説明して下さいました。川越城本丸御殿、蔵造り資料館の見学を終えると、蔵造りの町並み、菓子屋横丁、大正浪漫夢通りの自由散策を、三々五々楽しん […]

第3回古文書講座終了

昨年9月に開講した第3回古文書講座が、2月25日の第10回目をもって一人の落後者もなく、無事終了いたしました。過去3講座、延べ30回60時間の長丁場を乗り越えた方々で、向学心旺盛。 さらに次のステップを希望されておられ、史料館としてもうれしい悲鳴です。 どのような形にするか、新規参加の受け入れも含め、現在鋭意検討中です。 近々ご案内できると思いますので、ご期待ください。   

前のページに戻る ページの先頭へ