*

認めること

人間は、自分自身や他人から自分の存在や価値を認められたり、肯定的に受け容れられることで嬉しくなったり、気持ちが明るくなったり、もっと頑張ろうと思ったりします。
201477yu-tan

日本人は謙虚さを美徳とすることから、自分自身を認めず、否定的に捉える傾向があると言われています。
自信過剰で他人の迷惑はお構いなしというのは 困りものですが、自分自身を認め、肯定的に受け容れることは もっと意識していいことだと思います。
自分自身を認め、肯定的に受け容れることは、他人を認め、肯定的に受け容れることにつながるように思います。

私たちは、自分が他人から認められたり、肯定的に受け容れられたいと思う割には、他人を認めたり、肯定的に受け容れることに無関心なように思います。
他人の存在や価値を認め、肯定的に受け容れることは、良い人間関係をもたらすとても大切なことで、意識すればもっとできることだと思います。
相手の気持ちになって考えることとチャンスを活かすことで、他人を認め、肯定的に受け容れる行動をもっと増やすことができると思います。
相手を信頼する、話をよく聴く、ちょっとしたことにも「ありがとう」と言う、特別な日にできる範囲で最高のことをする、等々。
そうやってお互いがお互いを認め合う利他的な関係になると、人間関係が良くなって幸福度が上がるのだと思います。

前のページに戻る ページの先頭へ